ウクレレキッズクラブ・ジャパン-ジェニーの夢

私たちの娘ジェニーのこと

私たちは、カリフォルニア州サンフランシスコベイエリアに住んでいます。私 たちの娘のジェニーはこの地で生まれ育ち、2016 年秋、ジェニーはカリフォ ルニア州立大学バークレー校の3年生でした。ずっと行きたかった難関大学に 転入し、充実した学生生活を楽しんでいました。子供の頃から音楽好きで、ギ ターやウクレレを弾きながら歌を歌うのが何よりも楽しく、大学内のラジオ局 でボランティアを始めたところでした。

その年の 12 月 2 日、秋学期の全授業が終わり、その晩ジェニーと友人のバネッサは、隣町のオーク ランドにある倉庫で開かれたコンサートに行きました。そしてこのコンサート中に、大火事に巻き込 まれてしまいました。ジェニーとバネッサを含めた 36 人もの死者が出た大惨事で、多くの犠牲者は 学生やミュージシャンでした。

私たちと息子のクリスは、美しくて元気でとてもハッピーな 21 歳のジェニーを、この信じがたい悲 劇によって失ってしまったのです。悲嘆に満ちた日々が始まりました。その後沢山の方々からの励ま しもあり、音楽や芸術が好きで心優しかったジェニーの思いを受け継いでいこうと私たち家族は思い 始め、ジェニーの基金を設けました。当初は彼女が通った学校の美術や音楽のクラスに寄付をしてい たところ、やがてウクレレキッズクラブ(Ukulele Kids Club:UKC)に出会いました。この慈善活動を 始めたバーグマン夫妻も、大学生の息子さんを突然に亡くしていました。私達は彼らの活動に強く共 鳴し、パートナーとなりました。たくさんの方々のサポートを得ながら、今まで 200 以上のウクレレ を全米各地の病院に入院してる子供たちにプレゼントして、心のケアに役立ててもらっています。

ジェニーは 2017 年の秋から 1 学期間日本の大学で学ぶ予定でした。私たちは、ジェニーの遺志を継 いで、ウクレレキッズクラブのギフトを日本の子供達にも届け、少しでも多くの病気に苦しんでいる 日本の子供たちの心のケアに役立ちたいと思っています。そしてジェニーの思いが、この働きによっ て多くの子供達の心に届いてほしいと願っています。

2019 年1月 マイケル&俊子・モリス (Michael & Toshiko Morris)

*ジェニーのストーリーは、ウクレレキッズクラブのサイトにも載っています。 https://theukc.org/keeping-jennys-dream-alive/

Leave a Reply

Your email address will not be published. Required fields are marked *

© 2019 UKC Japan . Powered by WordPress. Theme by Viva Themes.